MENU

スタッフの声

より患者様に近い立場で、薬剤師としての資格や知識を活用したかった。 東海道薬局の「全ての患者様に満足していただけるよう、患者様、一人ひとりに合わせた接客」、それを実現する「教育研修制度」に惹かれ、転職を決めました。

スタッフ1(薬剤師)

より患者様に近い立場で、薬剤師としての資格や知識を活用したかった。
東海道薬局の「全ての患者様に満足していただけるよう、患者様、一人ひとりに合わせた接客」、それを実現する「教育研修制度」に惹かれ、転職を決めました。

製薬会社MR(前職)→東海道薬局へ(2010年1月入社) MRとしての主な仕事は、医薬品の適正使用の推進と自社製品の普及です。 適正使用の推進は欠かせない部分ではありますが、実際仕事による満足感が得られるのは、自社製品が普及し、売上実績が上がった時でした。多くの場合、医師とは一般論的な話しかできません。 医療に携わっていながら、成果を実感できるのは売上実績を通してであり、個々の患者様の反応、治療経過など については、なかなか知り得ませんでした。 そういったことから、もっと患者様に近い立場で、もっと薬剤師としての資格や知識を活用したいと思い、調剤薬局への転職を決めました。

製薬会社MR(前職)→東海道薬局へ(2010年1月入社)
MRとしての主な仕事は、医薬品の適正使用の推進と自社製品の普及です。
適正使用の推進は欠かせない部分ではありますが、実際仕事による満足感が得られるのは、自社製品が普及し、売上実績が上がった時でした。

多くの場合、医師とは一般論的な話しかできません。
医療に携わっていながら、成果を実感できるのは売上実績を通してであり、個々の患者様の反応、治療経過など については、なかなか知り得ませんでした。
そういったことから、もっと患者様に近い立場で、もっと薬剤師としての資格や知識を活用したいと思い、調剤薬局への転職を決めました。

全ての患者様に満足していただけるよう、患者様一人ひとりに合わせた応対

『質の高い接客を患者様へ提供したい・・・。』
調剤薬局は薬を作って渡すだけの場所ではないと考えています。
実際の治療効果、副作用の有無だけではなく、相互作用などの確認により、起こり得る 健康被害を未然に防ぐことができた時などは、薬剤師という仕事の重要性を改めて感じます。
また、サービス業の観点から患者様との接客を意識し、考え応えていくことの重要性を学びました。

東海道薬局へ転職することで、より患者様に近い立場で患者様の反応を直接受け取ることができるようになりました。
東海道薬局では患者様により満足していただくために必要な、マナーやコミュニケーションなどの接客・接遇にもスタッフ全員で力を入れています。
私が東海道薬局を選んだのは、そういった、全ての患者様に満足していただけるよう患者様一人ひとりに合わせた指導や応対に惹かれたからです。

教育研修スキルの充実

『個々の患者様に合わせた指導や応対を高いレベルで実行したい。』
これからの薬剤師に求められるのは、単純な調剤の速さではなく高度なコミュニケーションスキルだと考えています。
しかし、実現するには求められるスキルが複数になります。 今の自分では課題が山積しており、現状に悩み、不安を抱えていました。

東海道薬局を選択した理由は、この思いを実現するために必要なスキルを 身に付けられる教育環境(研修内容)が整っているためです。
(医療に関する最新情報の収集はもちろんのこと、業務を通じて個々の学習取得度に合わせて研修を行う点)
独学でこれを身に付けるのが難しいため、研修を受けた現在では理想の状態にだいぶ近づきました。

会社の待遇・雇用条件

『業務に集中できる環境・評価をきちんとしてくれる職場を探していた。』
薬局は日常業務に追われて、個人的に勉強する時間を確保するのは困難です。
また、方向性を伴ったスキル向上のための勉強計画(将来性のある)を考える時間をとれないことに悩んでいました。

東海道薬局では、スタッフが業務に集中し、やりがいを持てるような労働環境が充実しています。これは、スタッフの力が結果的に最高のサービス(接客)を生むという社風があるためです。
空き時間の確保・教育研修(キャリア)を支援してくれるため非常に助かっています。これで、将来の漠然とした不安を払拭できそうです。

私は結婚を機に東海道薬局へ入社したのですが、今後、出産・育児を経ても、パートとしてでも働きたいと考えています。

薬剤師の資格を活用しこの先長く働きたかったこと、また東海道薬局の患者様の幸せもスタッフの幸せも大切にしていることに惹かれ転職を決めました。

スタッフ2(薬剤師)

薬剤師の資格を活用しこの先長く働きたかったこと、また東海道薬局の患者様の幸せもスタッフの幸せも大切にしていることに惹かれ転職を決めました。

製薬会社研究職(前職)→東海道薬局へ(2014年7月入社)
製薬会社では、新しい製剤技術を開発するべく入社以来ずっと基礎研究を行ってきました。製剤のコンセプトを考え、技術を駆使して製剤を試作し、これらの品質の分析、薬効試験など様々な実験手法を繰り返し行い、自分の考えたコンセプト通りに結果が出た時にやりがいを感じていました。
しかしながら、薬剤師の資格があるにもかかわらず、薬の一部の細かい部分についてだけしか知らず、どのように実際使用されて患者様に役立っているのか、医療人として実際患者様の近くで感じたかったので転職を決めました。

製薬会社研究職(前職)→東海道薬局へ(2014年7月入社)
製薬会社では、新しい製剤技術を開発するべく入社以来ずっと基礎研究を行ってきました。製剤のコンセプトを考え、技術を駆使して製剤を試作し、これらの品質の分析、薬効試験など様々な実験手法を繰り返し行い、自分の考えたコンセプト通りに結果が出た時にやりがいを感じていました。

しかしながら、薬剤師の資格があるにもかかわらず、薬の一部の細かい部分についてだけしか知らず、どのように実際使用されて患者様に役立っているのか、医療人として実際患者様の近くで感じたかったので転職を決めました。

雇用条件

自分の将来設計を考える中で、プライベートにおいて大切にしたい事(子供を持つということ)があり、これを今一番に考えるために働かせてもらえる職場を探していました。

東海道薬局では、スタッフの希望にできるだけ合わせた労働環境を提案していただけます。このおかげで、今はパートとして働くことで、プライベートの部分を一番に考えながら無理のない仕事をさせていただいています。仕事とプライベートをちょうど良いバランスで保つことができ、ずっと抱えていた将来に対する不安が軽減しました。

充実した教育システムや研修
薬剤師未経験であったため、ちゃんと日頃の仕事を理解し実践できるか不安でした。また、仕事をするにあたって必要な研修会や勉強会に参加させてくれる職場を探していました。

未経験でありましたが、実際の現場の仕事ではその人のレベルに合わせて丁寧に教育してくださることで、安心して働くことができています。
また、年に数回、薬局内で薬剤師勉強会を実施し知識の向上を図るとともに、外部研修や勉強会にも参加させていただいています。また、接客を学ぶ研修会に非常に力を入れており、外部講師をお招きしてスッタフ一丸となって接客向上を目指しています。

身近な管理栄養士として活動できるのではないかと感じたことと、地域の皆さまの健康に貢献する薬局であると同時に新しいことへ意欲的に挑戦していることに魅力を感じ、転職をしました。

スタッフ3(栄養士)

身近な管理栄養士として活動できるのではないかと感じたことと、地域の皆さまの健康に貢献する薬局であると同時に新しいことへ意欲的に挑戦していることに魅力を感じ、転職をしました。

施設の調理部栄養士(前職)→東海道薬局へ(2016年1月入社)
前職は、新卒で就職した初めての職場での管理栄養士でした。その施設では献立作成などの事務作業と、当日の食事提供や片付けなどの調理補助を主に行っていました。施設内での食事のみを召し上がる方が多いので、季節や行事を考慮しバラエティーに富んだ内容になるよう気をつけていました。
私自身が食べることが好きなこともあり、ご利用者様の“毎日”の食事を決めてしまうことに抵抗を感じていました。より幅広い年齢の方を対象とする身近な管理栄養士として役立つことができるのではないかと考え調剤薬局への転職を決めました。

施設の調理部栄養士(前職)→東海道薬局へ(2016年1月入社)
前職は、新卒で就職した初めての職場での管理栄養士でした。その施設では献立作成などの事務作業と、当日の食事提供や片付けなどの調理補助を主に行っていました。施設内での食事のみを召し上がる方が多いので、季節や行事を考慮しバラエティーに富んだ内容になるよう気をつけていました。
私自身が食べることが好きなこともあり、ご利用者様の“毎日”の食事を決めてしまうことに抵抗を感じていました。より幅広い年齢の方を対象とする身近な管理栄養士として役立つことができるのではないかと考え調剤薬局への転職を決めました。

求人募集中!